政党交付金、各新聞社が試算

各新聞社やテレビ局は、政党交付金の試算を各社基準で試算を出しているようです。

大体金額は同じで、政権を握る自民党が12年分の4割プラスの145億越え
惨敗した民主党は5割弱マイナスの85億円となりました。

この政党交付金は所属国会議員数が5人以上など、要件を満たさなくてはならず
新党大地、新党日本は交付されないようです。

日本維新の会は27億強、日本未来の党は8億強となっているようです。
庶民からするとケタ違いの交付金が何に使われてどんな仕組みで振り分けられるのか
解りませんが、捻出しているのは税金ですから慎重に取り扱ってもらいたいと思います。

財布の中に1000円しかない時の買い物のように、80億あっても1円単位で考えて
使ってほしいと思います。

国を作るためには税金は欠かせず、取るなとは言えませんが、使い道を慎重に
することはいくらでもできるはずです。庶民の感覚を、こういった交付金にも
生かしてもらいたいものです。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年9月 3日 14:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モビットの電話申し込みについて」です。

次のブログ記事は「お互い料理が趣味」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。